FC2ブログ

【映画は思考する Vol.2】 ミフネ

ミフネ

 人間が愚直に生きることを選んだときに逆説として立ち現れる、悲しいペーソスとでもいえばいいか。そんな質感をもったこっけいさがあふれている。
スポンサーサイト



【映画は思考する Vol.1】 いちげんさん

51CQw8mRboL.jpg

 小説の原作がどう映像化されるのか。そんな興味があった映画が『いちげんさん』だ。
 京都の大学で日本文学を専攻し、古都をこよなく愛する外国人の〝僕〟(エドワード・アタートン)と、盲目の女性、京子(鈴木保奈美)。この二人の出会いと別れを軸に物語は進む。
 

【取材ノート】 福祉現場の「見える化」

福祉新聞記事_4面_20190826

 老人福祉施設と保育園を取材した記事が26日の「福祉新聞」に掲載されました。
 超高齢化と仕事を持つ母親の増加。保育や介護のサービスなしの人生設計なんてありえない時代になりました。だけど、大事な家族をケアしてもらうはず施設の内部は、外からはわかりづらいもの。これではサービスを受ける人の不安を解消できないのでは? 福祉人材が不足しているのも、「休みが少ない。仕事がきつい」などのイメージで、他の職種と相対的な比較ができないからではないの?

ライターズオフィスPolarisが生まれ変わります!

 ライターズオフィスPolarisが新しく生まれ変わります。ライターの主要メンバーを4人とし、新たなスタートを切ります。
これに伴い、ホームページも刷新しました。